2008年11月20日

「せきへき(赤壁)の戦い」ならぬ「せきせき(赤赤)の戦い」

先日「三国志」を題材にした「レッドクリフ」という映画カチンコを観に行ってきました。平日だったのですが、題材がご年配のかたも思い入れがある三国志ということで、お客さんの入りは上々exclamation
自由席の為、真ん中の方で空いている席が前の方しかなく、目の疲れ覚悟で前方の真ん中に着席。いよいよ上映なれば、赤壁の戦いのお話の為いきなり流血バッド(下向き矢印)しかもドでかい画面の戦闘シーンどんっ(衝撃)お話に入り込むまでは少々圧倒されるばかりでしたあせあせ(飛び散る汗)
お話自体はなかなかよかったので、三国志入門編ということで、よろしかったらご覧下さい。ちなみに二部構成なので、来年続編やります。
ところで冒頭のシーン私が過剰に反応したのは訳がありまして、先月のとあるある日の事。
いつもの如く海大好き店長が「明日海行こうかなぁ」と計画しているのを察知した私は、最近購入したばかりのイカ釣り道具を試したく、強引に同行を説得パンチ釣竿片手に待ち合わせに登場。
強引さに対する反省と日ごろの感謝をこめて行きしの運転車(RV)を願い出て、いそいそと伊勢に急行ダッシュ(走り出すさま)
あまりに早くついたのでひと寝入り眠い(睡眠)。しかし私一度寝ると中々目を覚まさない性質なので、朝を迎えても一向におきず、波乗り支度を整える店長にさっさと手を振り、続いて心地よい眠りを再起動していたところ。
記憶の遠いところでざわめきが…。
「大丈夫ですかexclamation&question荷物持ちましょうか?救急車呼びますか?」
だんだん騒がしくなってきて、夢の中での出来事の様ではなく、どうやら実際自分の車(RV)の周りが騒がしい事に気がつき、眠たい目を擦りながらカーテンを開けてみると…。
「奥田さんゴメ〜ンたらーっ(汗)
なな、なんと血みどろの店長が…exclamation×2
「頭に板がぶつかってーんあせあせ(飛び散る汗)
まあ、頭の傷は傷以上に出血するということは看護師の友人から聞いていたので、慌てずにどれどれ?とぶつけたところを確認すると…exclamation×2exclamation×2exclamation×2
「きぇ〜〜〜〜〜〜exclamation×2exclamation×2
頭皮が完全にめくれ上がっているでは有りませんかもうやだ〜(悲しい顔)
皮膚はめくれて襞になり、なんだかズルンとしたところからはドクドク血が溢れており、「何でこんなにこいつは普通なんだぁーむかっ(怒り)」と思っていたら、本人は痛みはぶつけたときの痛みで、傷の方は血が目に入り前がよく見えない様子。
すぐに駐車場の管理室に走り、
「おばちゃ〜ん、このへんに救急病院ない?」
と駆け込むと、その切羽詰った空気に飲まれ、けが人を見る前からおばちゃんまで動揺たらーっ(汗)やっとの事でさがした個人医院に電話してみるもさすが田舎。もっさりした対応で、「ちょっとお待ち下さい」から一分ほどたっても応答なしひらめきその間にもタオルがボトボトになるほどの出血がく〜(落胆した顔)
しびれを切らして

オクダ「おばちゃん、車で間に合わへんあせあせ(飛び散る汗)救急車呼ぼうexclamation×2
119やんなexclamation

オバチャン「えぇ〜、どやったやろあせあせ(飛び散る汗)」(おばちゃん完全にパニック)

オクダ「とりあえず、ここの住所教えてexclamation×2

オバチャン「住所何やったやろぅ???」

オクダ「…」

おばちゃんには引き続いて現在地の判るものを捜索してもらい、とりあえず119に通報。
「救急ですか?消防ですか?」
「救急車お願いします」
「病気ですか?怪我ですか?」
「怪我で、サーフィン中に板が頭に衝突、左側頭部付近から額生え際にかけて頭皮がめくれ上がって、出血多量です。」

おぉexclamation&questionおばちゃんが頼れないせいか、以外に冷静になってるぞ私。そのまま頑張れ私exclamation×2
その後、病歴等質問を受け、住所もおばちゃんの懸命な捜索により無事判明。すべて伝え終わると、
「では、10分少々で向かいます。サイレンが聞こえたら入り口で手を振って合図してください。」

んん?どこかで似たようなフレーズを聞いたような…?
あ、ピザ屋のデリバリー。では遅れたらサービスがあるのか?
っていうか、怪我人が冷めないうちに来い。

そうこうしてるうちに遠くからサイレンの音がるんるん
「おーい」と手(パー)を振ろうと駐車場の入り口に出てみたものの、当方チビッコたらーっ(汗)まわりは垣根に囲まれており、防風林もあり、とてもじゃないが、救急車からは私を確認できず、二筋ほど向こうの通りを近づいたり離れたり…。
半泣きになりそうになりながらこちらからビーサンで駆け出し救急車を探しに出たところでやっとご対面。無事応急処置に。
受け入れ病院もすぐ見つかり、即ストレッチャーに乗せられそのまま救急車へ。
初めての救急車ハートたち(複数ハート)不謹慎なのだが、もうすぐ病院なので少々安心したのか、なんだか楽しいグッド(上向き矢印)
救急隊員の方に「よかったらどうぞ」とアルコール綿を出されたので?と見ると私まで返り血(?)で血みどろに・・・。
さて、現場からさほど遠くないのに時間が掛かるのはザ・渋滞バッド(下向き矢印)皆さん救急車両に道を譲りますか?私は絶対譲るのですが、最近譲らない車(セダン)多いですよねひらめきそれどころか、譲ったところをラッキーとでも思っているのか、そ知らぬ顔で追い越していく奴むかっ(怒り)運転席から引きずり出してそれこそどついてやろうかと思います。皆さん思いやり大切に。
やっと到着ERの先生が玄関でお出迎え。すぐに手術へ。私は受付等を済ませ待つ事約3時間。ようやくご対面したその姿は「フランケン坂田」というあだ名がぴったりの出来上がり(笑)
ご本人曰く麻酔が効かず、手術は難航、終始先生が、「局麻exclamation×2(局部麻酔)」と叫びながら、噴出す血を浴びつつ悪戦苦闘していただいたようで、大きな血管が2〜3本切れていたのと、頭蓋骨からベロンとはがれた頭皮を縫合したそうです。
ref="huOf 002.jpg
ん?まてよ、ということは、私が見たズルンとしたのは ず、頭蓋骨exclamation&questionひぇ〜ふらふら
しかし、後日京都に帰ってから大きい病院へ紹介状を持っていったところ、「おお、すごいね、こら綺麗だ。みんなぁ、見てご覧。」と引き継いだ先生が見世物にするほど、見事なお裁縫だったそうです。無事、只今は抜糸もすんで、怪我で短くなってしまった毛を育成中です。
byオクダアヅミ

posted by 時代屋  at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23143154

この記事へのトラックバック